清水建設ブルーシャークス 2017シーズン 春合宿レポート

2017/05/09更新

いつも応援ありがとうございます。
4月29日~5月3日までの5日間、リソル生命の森(千葉県)にて春合宿を行いました。
新加入選手16名を含む選手47名、スタッフを含めると60名での合宿となりました。
5日間しかない時間をフルタイムでラグビーに没頭するために、早朝WT、AM練習、PM練習、夜WTという4部練メニューに加え、毎晩のミーティング、トレーナーによる食事の管理も行われ、充実した合宿を行うことができました。

 

4月29日 清水建設ブルーシャークス今木部長が合宿場まで足を運んでいただき、夜のミーティングで選手に激励の言葉をいただきました。
選手一人ひとりがチーム幹部の想いを受け、限られた合宿の時間を大切にできるきっかけになりました。

 
①
 

合宿の内容は序盤から走り込み、コンタクト練習、スキル練習が組み込まれ、選手は積み重なる疲労の中で、練習外の時間のリカバリー、栄養補給、体調管理を行いながら合宿は進んで行きました。

 
②
 

チーム作りという部分ではFW・BKのユニットにも多くの時間を費やし、それぞれのコアスキルを高める練習が組まれました。

 
④
 

 

午前、午後の練習ではチームの動きを確認すべくグラウンド全体を使用した、ゲーム形式の練習も行われました。ベテラン選手はもちろん、チーム新加入選手たちが要所で各人の持ち味を活かし、仲間同士のプレーを知る良い機会になったと思います。

 
⑤
⑥
 

今シーズンはトップイーストDiv.1に挑戦する年でもあり、「優勝」を目標としているチームとして選手一人ひとりが合宿という貴重な時間を大切にできたと思います。新しく加入した選手は自身の持ち味を活かしながら清水建設ブルーシャークスのラグビーになじんできたように感じました。
5月からはOP戦も始まり、今回の合宿で鍛えたユニット力、チーム力を実戦で活かして、夏合宿、秋のシーズンにスムーズに入っていけるようチーム一丸となって精進してまいります。

 

5月以降のOP戦の日程はチームHPにも掲載しておりますので、是非ともグラウンドで応援をお願いいたします。