■2018-2019年シーズンへかける意気込み

2018/08/07更新

安藤 泰洋 選手

  • 年齢
    ポジションNo.8・FL
    長所
    短所
  • 経歴(高校)秋田工業高校
    経歴(大学)関東学院大学
    経歴(社会人)
    座右の銘FUCKING DO IT

安藤

・簡単な自己紹介

安藤泰洋です。トヨタ自動車Verblitz(2010~17)で8年間プレーしていました。
地元は秋田県男鹿市です。家の目の前が日本海で後ろは山という大自然の中ですくすくと育ちました。
3人兄妹の末っ子。兄の影響で年長からラグビーを始め、当時からヤンチャでした。そのため、毎年大晦日には、なまはげに怒られていました。
大学から地元を離れ、現在は東京在住ですが、実は田舎出身です。よろしくお願いします。

・どのような経緯でBSへの移籍が決まったんですか?

社会人になってから30歳を1つの区切りと考えていました。
また、私自身が変化を求めていました。
トヨタ自動車Verblitzでは日本代表やサンウルブズ、キャプテン、その他、自分に与えられた責務を全うすることができたと自負しています。
これからは、ラグビーだけではなく仕事でも貢献し結果を出していきたいと思っていました。そんな中、BSではフルタイムで仕事をし、ラグビーも本気で結果を残すよう活動をしていると聞きました。
私は、本当の意味で仕事とラグビーの両立ができるのではないかと思い、なにより人として成長できる場があると思い、BSへ移籍すべく自ら行動に移しました。

・移籍について、家族の反対等は無かったのでしょうか?

家族は私の決断を応援し背中を押してくれていました。家族の後押しもあり、私自身も全くぶれることなく決断することができました。
逆に移籍が分かった時に、周りの選手から「なぜ今なのか」「もっと上で頑張ろう」等々、たくさん評価していただけるような声を掛けてもらいました。
しかし、前述のとおり仕事もラグビーも両立したいと考えていたことから、ラグビーにおいて戦うステージは関係ありませんでした。

・仕事とラグビーの両立、慣れましたか?現在、どのような仕事をしていますか?

1日の拘束時間が長いという意味で、慣れるまでは大変でした。3ヶ月が経ち生活環境、仕事、ラグビー、また家族のことでやっと落ち着いてきた感じです。
仕事については、半年間の研修期間中ということで渋谷駅近くの建設現場にて現場事務としてフルタイムで働いています。
業務内容は、勤務管理関係の資料作成や管理項目においての下請け業者へのフォロー、また建設現場に出て、鉄骨受入業務等、幅広い業務を行っております。

・BSの課題、「トップチャレンジリーグ昇格」という目標達成には何が必要だと思いますか?そのために自身が心がけていることは何かありますか?

「限られた時間の中で最高の準備をすること」が必要です。
そんなに多くの時間はないのですが練習中はたくさんの情報が入ってきます。
わからないことがあればその場で解決し次の練習までにクリアにしていくことが重要だと考えていますし自身も心掛けています。

・今シーズンの意気込み

私一人での力では当然勝つことはできません。今まで私が経験してきたことや技術的なことを若い選手をはじめ、チーム全体にいい影響を与えられるように日々過ごしていきます。
また1年目ではありますが、ベテラン選手としてチームが1つの方向に向けるようにキャプテンをサポートしていきます。
個人としては怪我なく、シーズンを通して勝利に貢献します。

・ファンの方へ一言

みなさんに応援していただけるよう全力でプレーします。
またグランドで会った際は気軽に話していただけると嬉しいです。
今年度昇格を決めて一緒に喜びましょう!